UQモバイルでiphone7 は使える?au版は全て対応している?

UQモバイルキャッシュバックキャンペーン情報

UQモバイルキャンペーンで最高額キャッシュバックされるのは正規代理店で、高額キャッシュバックに加えて、SIMカード発行手数料3240円と代引き手数料324円が無料になります。

正規代理店のUQモバイルキャッシュバック情報を参考にして下さい。

UQモバイル最高額キャッシュバック申込み案内はこちら

UQモバイルでiphone7は使える?

UQモバイルで販売されているiphone7は、「データ通信」「通話」「SMS」「メール」「テザリング」全てが対応しています。

iphone7のSIMカードは、「マルチSIM」となります。「LTE用microSIM」「LTE用nanoSIM」では動作できませんのでご注意下さい。

厳密に言うとiPhone7は、nano SIMを使うことができることはできますが、iPhone7で使用するにはVoLTE対応のマルチSIMを選択しなければ、音声通話が出来なくなると言った不具合が出ます。

安定してiPhone7を使いたい場合は、マルチSIMが間違いありません。

このマルチSIMとは、ドコモ、au、ソフトバンクのVoLTE端末で使うことができるVoLTE端末用のSIMです。これは非VoLTE端末用のSIMカードと違い、届いた1つのSIMを、自分の端末に合わせて切り取ることができるので、通常SIM、microSIM、nanoSIMの3つのサイズに対応しています。

これはどのSIMサイズにも対応できますが、サイズを間違えて切り離してしまうと、有料交換手数料3000円が掛かりますのでご注意ください。

iPhone6s以降はすべてマルチSIMとなっているため、マルチSIMを選ぶようにしましょう。iPhone6、iPhone6 Plusに関しては、nanoSIMとなります。

UQモバイルでキャリア版iphone7は使える?

ドコモ・ソフトバンク・au・SIMフリー版iphone7はUQモバイルで「データ通信」「通話」「SMS」「メール」「テザリング」全てが対応しています。

iPhone 7データ通信通話SMSメールテザリング
au版
ドコモ版
ソフトバンク版
SIMフリー版

ドコモ・ソフトバンク・au版iphone7はSIMロック解除が必要です。SIMフリー版iphone7だけはSIMロック解除なしで使えます。

UQモバイルでiphone7はなぜデザリングできる?

iphone7は以前、デザリング不可でしたが2018年12月からデザリング可能となりました。

以前はデザリングが不可だった理由として、UQモバイルの親会社はauです。そのauではiphone7を主力商品として販売しています。同じiphone7でも月額料金の高いauで使ってもらった方が都合が良いでしょう。

まだ新しい部類に入るiphone7をUQモバイルでデザリング対応してしまうと、月額料金を高く支払ってまでauで契約し続ける意味を見失うので、それを避けるためにもUQモバイルでは未対応なのではないかと推測されます。

今後、iphoneの最新機種が投入され、iphone7が古くなり主力から外れる頃には、UQモバイルでデザリングもメールも対応になっているのではないかと予測します。

au版iphoneは全てUQモバイルで使える?

au版のiphoneは全てのシリーズがUQモバイルで使えます。UQモバイルはau系格安SIMですのでauの回線を使っていますので、基本的にauの端末には対応しております。

ドコモ版、ソフトバンク版のiPhone6、iPhone6 Plusに関してはSIMロック解除に対応していないため利用できません。これは、SIMロック解除が義務付けられたのが2015年5月以降だからです。

それより前に発売されたiPhoneはSIMロック解除ができないようになっています。